あなたがビジネスに専念できる環境をつくります

  1. ① 取引相手との契約トラブルを解決

    中小企業の取引では、こちらが提供した商品やサービスに対し、「思っていたのと違う」「そんな約束はしていない」などと言われてしまい、取引相手が代金を支払わないトラブルがしばしば起こります。

    このようなトラブルに対して、契約書の有無を問わず、当初の合意内容を探り、交渉を行い、適切な解決を目指します。

    (解決例)

    取引相手との契約トラブルを解決

    A社は、建築工事において、注文者Bのリクエストに応じて丁寧に追加工事を行ってきました。ところがBは、「そんな工事は頼んでいない」「イメージと違う」といって追加工事の代金を支払いませんでした。

    解決私はA社の代理人として、当時の注文書やメールをたどって両者の合意内容を明らかにし、追加工事の代金をBに支払ってもらうことに成功しました。

  2. ② 売買代金や請負代金などの債権回収

    中小企業の取引では、代金後払いが多いので、商品納入後の売買代金や、業務完了後の請負代金を支払ってもらえないケースがよくあります。こちらは契約どおりに商品を納入したり、仕事を完成したのに、相手がその代金を支払わないのはどうにも理不尽です。しかしこうした債権回収を放置しても事態は改善しません。

    このような債権回収のトラブルに対して、相手に通知文を出したり、交渉したり、訴訟を起こして強制的に回収するなどして、代金の回収を目指します。

    (解決例)

    取引相手との契約トラブルを解決

    売主A社は、商品をきちんと納めたので代金を請求しましたが、買主B社は「今は払えない」「ちょっと待ってほしい」などと言い訳を繰り返して、いつまでたっても払ってくれません。

    解決私はA社の代理人として、内容証明郵便にて支払いを請求し、裁判を起こして強制執行を行い、B社から売買代金を回収し、債権回収を完了しました。

  3. ③ 契約書の作成・チェック

    契約書のない口約束は、後々、言った・言わないのトラブルが起きる原因となります。

    このようなトラブルを未然に防ぐために、あなたの会社を守る契約書を作成します。

    取引相手から契約書を提示された場合は、事前にチェックし、不利益な事柄が盛り込まれていないかを検討し、必要に応じ相手方に修正を申し入れます。

    (解決例)

    契約書の作成・チェック

    A社は売買契約書をB社から提示されました。一見、体裁の整った契約書でしたが、丁寧に読むと、あらゆる全ての損害をA社が賠償することになっていました。

    解決私はA社の顧問弁護士として、B社との友好関係を維持したまま、A社の要望を反映できるよう、交渉方法を含めたアドバイスをし、その結果、契約条項を変更することができました。

  4. ④ 労働契約の整備

    経営者の方が残業代や休暇の知識に通じていないために、社内の労務管理が行き届いていない場合が多くあります。このような場合、いざというときに法律が会社を守ってくれないので、そうならないように労働契約を整備します。

    (解決例)

    労働契約の整備

    A社を退職した元社員Bは、在職中の顧客リストを持ち出したり、従業員を引き抜いたりして、A社近くで同種の店を開こうとしていました。

    解決私はA社の代理人として、元社員Bと退職合意書を結び、競業を一定範囲に制限し、顧客リストの持ち出しや従業員の引き抜きを防ぎました。

  5. ⑤ 不動産問題、建築紛争、会社法務、倒産案件、知的財産権など

あなたが人生に専念できる環境をつくります

  1. ① 離婚

    今後の人生をイメージしても、そこにパートナーとの生活が描けないとき、多くの人は離婚を決意します。しかし「離婚は結婚の何倍もの苦労を伴う」という言葉がある通り、離婚するためには、離婚のほかに、財産分与、養育費、お子さまとの面会交流など、さまざまなことを決めなければなりません。

    そのような状況におかれたとき、優先順位をつけながら、ひとつひとつ解決してゆきます。

    (解決例)

    取引相手との契約トラブルを解決

    夫からのハラスメントに苦しんでいた妻のAさんは、別居のタイミング、離婚の手続き、養育費の決め方などをどう進めてよいのか分からず悩んでいました。

    解決Aさんの代理人となった私は、別居のタイミングをアドバイスし、離婚調停を申し立てました。家庭裁判所では調停委員にAさんの事情をもれなく伝え、数回の話し合いを経た後、適正な養育費を定めて離婚が成立しました。

  2. ② 相続

    相続問題は、遺産の多少にかかわらず、「なぜあの人より自分の方が少ないんだ」という不公平感から、あるいは身内ゆえの遠慮のなさから、えてして「争続」に発展することが多いです。

    そのような事態にあったとき、公平で妥当な分配を目指して、遺産分割をはじめとする相続手続のアドバイスや代理交渉をいたします。

    (解決例)

    契約書の作成・チェック

    自分の仕事を犠牲にして、父親を最期まで療養介護したご長男でしたが、「生前に生活費の援助を受けていたはずだ」と兄弟から過大な遺産分割を要求されました。

    解決私はご長男の代理人として、遺産分割調停において生前の財産管理の適正さを代弁し証拠資料を提出しました。その結果、公平な遺産分割協議が成立しました。

  3. ③ 交通事故

    交通事故にあった場合、ご本人はけがの治療に専念したいにもかかわらず、事故の直後から、加害者側との交渉は始まってしまいます。交通事故では、治療費のほかに休業損害、慰謝料、後遺障害、過失割合など、専門用語が多く使われ、その仕組みを理解するだけでも苦労が伴います。

    そのような事態に遭遇したとき、一日も早くその苦痛から解放されるよう、加害者側との交渉を行います。

    (解決例)

    労働契約の整備

    A氏が青信号を横断していると、B氏が赤信号を無視してA氏の車に衝突。A氏はむちうちに苦しみましたが、B氏は自分の信号は青だったと主張。その後、B氏は実は赤信号だったと認めました。

    解決A氏の代理人となった私は、保険会社と交渉し、B氏の事故後の態度や対応の悪さを加味して、慰謝料を増額することができました。

  4. ④ 借地借家、多重債務、成年後見、労働問題、外国人問題など

※解決例は、実際の事案をもとに再構成し、匿名化させています。