まさかここまでやってくれるとは思いませんでした 株式会社奈良屋 代表取締役小野寺正洋 様

当社は岩手県一関市を拠点とする、60年超の歴史を持つタイル施工の会社で、平成23年、あるトラブルに見舞われました。建物に貼るために納品されたタイルが、発注主が承認したタイルと違っていたことが工事中に判明。やむなく貼り直したところ、納品ミスをしたA商社が「工事ミス分のタイル代は奈良屋が負担すべき」と言ってきたのです。通常、施工費は工事会社が、タイル代は商社が負担するのが業界のルール。ところがA商社は「タイル代を払え」の一点張り、ついには当社を訴えてきました。おそらく当社が地方の施工会社なので強気に出たのでしょう。払えない金額ではないので、裁判に費やす労力を考えると払った方がいいのでは…と悩みました。

しかしここで泣き寝入りすると、これが新しい業界ルールになってしまう。業界の未来のためにも法廷で闘う道を選びました。ところが、最初お願いした地元の弁護士さんとは話がまるでかみ合わず、当社はどんどん不利になっていったのです。そんな時に知人を介して出会い、「そんな理不尽な話を放っておけない」と途中から弁護を引き受けてくれたのが波戸岡さんでした。

仕事をお願いしてまず驚いたのが、いつの間にか波戸岡さんが「タイルの専門家」になっていたことです。波戸岡さんはタイルの焼き方から貼り方まで勉強してくださり、タイル業界の人間かと思うほどの知識を身につけてくれました。そして当事者である私よりも、この一連のトラブルの経緯や背景に至るまで熟知してくださいました。もっとも驚いたのが、日本を代表するタイル施工会社4社の社長さんを訪ねて「業界のルール」について徹底的に調べてくれたことです。まさかここまでやってくれるとは思いませんでした。

結局、高等裁判所では、波戸岡さんの見事な論理展開と証拠収集により「タイル代金のほぼ全額をA社が負担する」という和解が成立、実質的な勝訴となりました。A社もこれに従い、一件落着。波戸岡さんのおかげでタイル業界の未来は守られたのです。

小野寺様と波戸岡光太

この裁判をきっかけに当社は顧問契約を結ばせていただき、波戸岡さんには業務上の相談に随時のってもらっています。中小企業、なかでも地方の会社はなかなか顧問弁護士を持てない、持とうとしない傾向があります。しかし何かあったときに相談できる弁護士さんが身近にいると安心ですし、ビジネス上でもメリットがとても大きいと思います。

私の場合、波戸岡さんという一流で誠実な弁護士さんと出会えたことは本当に幸運でした。波戸岡さんは私よりもずっとお若いですが、心から信頼していますので、アドバイスも素直に聞くことができます。

私たちはFacebookでもつながっていまして、お互いのプライベートもよく知っています。岩手と東京は一見遠そうですが、気持ちはとても近い関係にあり、不便を感じたことはありません。波戸岡さんが私の地元に遊びに来てくださることもあるんですよ。この関係は一生の財産、大切にしていきたいと思います。

自分に足りない智恵を補ってくれ、共に成長し合う同志です ビッグバン株式会社 代表取締役冬木泰信 様

依頼人の思いを大切にする志の高さに惹かれて

元々POSシステムの設置販売の会社から2013年に独立・起業。新事業は分からないことばかりでしたし、契約にまつわるトラブルがよく起きることを同業者から聞いていたので、「知らないがゆえに起きるトラブル」をできるだけ無くしたいと考えました。

波戸岡さんからは、地方の弁護士不足解消に貢献すべく函館に赴任したお話や、出会った方々とのエピソードを伺っていました。志が高い上に、依頼人の思いを大切にしながらお仕事に取り組まれている方なんだなぁととても印象深かったんです。加えてとても冷静で論理的な考え方をされていたので、熱く突き進みがちな自分に無いものを持っていらっしゃると思い、「一緒に組むなら波戸岡さん」と、お仕事をお願いしました。

アドバイスのおかげで取引先との交渉に成功、しかもWIN-WINの関係に

起業当初はA社の商品だけでしたが、やがて他社製品も扱ってサービス向上につなげたいと考えるようになりました。しかしA社との契約上のトラブルが心配でした。  

波戸岡さんからは、「契約上は問題がないが、他社製品も扱うことがA社にとってもプラスになるんだということを、きちんと説明しておいた方がいい」と言われました。さらに「説明の内容を書面にして誰が見てもわかるようにしておくと、話を聞いた担当者だけでなく、他の人も理解できる」との助言も。 さっそく書面を作ってA社に説明。すると担当者だけでなく、それを読んだ他の社員からも「他社製品を扱うのは大歓迎」との嬉しい言葉をもらいました。

こうした誰もが笑顔になれるWIN-WINの交渉の仕方は、波戸岡さんが弁護士生活の中で身につけた方法のようです。あのアドバイスがなかったら、契約上は問題がなくてもA社との関係がぎくしゃくしていたかもしれません。自分に足りない智恵を補っていただき本当に助かりましたし、ビジネスに弾みがつきました。

いばらを刈り込んでくれるパートナー

冬木様と波戸岡光太

実は私たちの関係を「客と弁護士」だと思ったことは一度もないんです。私にとって波戸岡さんは「同志」。互いに刺激し合い、共に成長し合う仲間なんです。  

波戸岡さんは仕事の合間に空手の稽古に通ったり、英語の勉強をしたりして、忙しくても常に成長しようとしてらっしゃるんです。そんな姿を見ると、本当に励みになりますし、自分も負けていられない、といつも思います。

おかげさまで起業以来、トラブルと無縁でここまで来ました。これからも私のビジネスは「いばらの道」だと思いますが、波戸岡さんにいばらを刈り込んでいただいて、少しでもスムーズにビジネスを進めていきたいです。私のようにどんどん新事業を展開していきたい経営者の方は、波戸岡さんのようなパートナーがそばにいるととても心強いと思いますよ。