クライアントと一緒に答えを探しに行く(弁護士×ビジネスコーチの実践)

「どんなことのために起業したのですか?」

目の前で苦しそうな表情をしているクライアントのHさんに、私は尋ねました。
起業して半年、Hさんはビジネスパートナーと見込んだO氏と組んで、ともにビジネスを立ち上げてきました。

ところが、思った以上にO氏の要求は強い。
ああしろこうしろ、売上のいくらを自分に入れろ、自分の許可なく勝手に取引するなと要求は強まるばかりです。
そして、先日つきつけられたパートナーシップ契約書。
中を読むと、Hさんの自由はほとんどない。
これじゃ起業して社長だと名乗ったところで形ばかりだ。。。
上司に首根っこを押さえられていたサラリーマン時代と変わらないじゃないか。。。

かといって、起業後まもないHさんとしては、業界のノウハウに長けたO氏の協力は当分は必要です。
今のビジネスを自分一人で盛り上げていく自信は、今のところ、正直ありません。

つきつけられたパートナーシップ契約書にサインをするべきかどうか。。。
Hさんは私の前で苦しそうな表情をしていました。

どちらも法律的にはOKだけど。。。

法律的には、この契約書にサインをしてもサインをしなくても、どちらもHさんの自由です。
民法の大原則である「契約自由の原則」の下では、誰とどんな契約をしようと当事者の自由であって、そこに多少不利な内容が盛り込まれていたとしても、サインするかしないかは本人の自由です。

では、弁護士たる私はどうアドバイスすればよいのでしょうか。
私の経験と価値観に基づき、よかれと思ったやり方を選択し、「Hさん、ここはサインしておきましょう」とか、逆に「ここはやめておきましょう」という考えを示すべきでしょうか。
それとも「これは私が決めることではない。Hさんの方でよく考えておいてください」と本人に委ねるべきでしょうか。

これに関し、法律上のメリットデメリットの説明を弁護士から受けた後、最終的にどう決断するのかは、クライアント自身が決める事柄です。
本当の正解はクライアント自身が持っているのであり、他人が決めるものではないと言えます。

けれど、自分の中に正解があるからと言って、それがすぐに見つかるとは限りません。
自分はいったいどうしたいのか。何が自分の本当に納得のいく解決なのか、迷いは常にあるものです。
そのプロセスに、弁護士が、私が、どうかかわるべきか。

クライアントのための質問

そこで生きてくるのが「質問」です。
私が聞きたい質問ではありません。
クライアントが自分の中から答えを探し出すための質問です。

「そもそも何のために起業したのですか?」
「どんなことのために起業したのですか?」

たとえばこういう質問をすることで、
クラインアントは、自分のミッション、起業の目的、大切にしたいことをじっくり考え始めます。
自分のなかに正解を探しに行きます。

人は質問されると、答えを探そうと考え始めます。
それが自分に対する質問であれば、自分の中に答えを探し始めます。
どんな答えが出てくるのか、私にもわかりません。
むしろその答えを、クライアントと一緒に探しにいきます。

「仮に今、サインしたとしましょう。来年の今頃、後悔していますか?」
「仮に今、サインしなかったとしましょう。どんな困りごとがありますか?それは耐えられない困りごとですか?」

クライアントの表情を感じ取りながら、私は質問を続け、クライアントは自分の中の正解を探しに行きます。
やがて本当に大切なことを見つけ出し、そのために今どうするべきか、サインするべきかどうかを見極め、決断に至ります。

Hさんは決断しました。サインしないとのことです。
自分で出した答えです。本人が一番納得しています。

Hさんは、とても得難い時間だったと満足してご相談を終えられました。
私は質問し、傾聴し、伴走していただけです。
それでも、Hさんにとっては貴重な存在だったのでしょう。今後も引き続き相談をお受けすることになりました。

ビジネスコーチングというスキル

こうしたコミュニケーションは、「ビジネスコーチング」というスキルを身に着けることで可能になります。
弁護士が単に法律知識を与えるだけでは、クライアントにとっての本当の解決には至りません。
正確な法律知識をふまえて、クライアント自身が何を正解と考えるのか、どうしていきたいのか、どのような一歩を歩み始めるのか、そこが要です。それでいてその歩みは必ずしも一人でできるとは限りません。
スポーツ選手にコーチがいるように、クライアントにもコーチが必要です。
弁護士はそのようなコーチにならなければならないと思います。

私は弁護士のみならずビジネスコーチのスキルをもつことで、クライアントの問題解決の支援をしています。
ビジネスを前に進め、人生を前に進めるために、ぜひ自分自身に質問をしてみてください。
そして、私からもたくさん質問させてください(^^)

弁護士 波戸岡光太
その思い、前に進める法律家。
東京都港区赤坂3-9-18赤坂見附KITAYAMAビル3階
TEL 03-5570-5671 FAX 03-5570-5674