口約束はつらいよ(契約書のない債権回収)

契約書 債権回収

取引相手が代金を払わない。
ところが契約書をつくっていなかった。どうやって債権回収をすすめよう。

契約書があれば、相手が何と言おうと、そこに互いのはんこが押してあるのだから、その内容通りに約束を守らせることができます。
ところが契約書がないと、その時の約束が形として残っていないので、あとから証明するのは結構大変な作業になります。

私は、こういった契約書がない場合の債権回収は、「苦しいけれど、希望はある」をモットーに、メールや会話録音、双方の言動や取引実態などから、当時どんな約束をしたのかを掘り起こして契約の成立を証明し、その内容を相手に守らせるよう努めています。

契約書そのものがなくても、そういった周辺事情を積み上げていくことで、「これは契約が成立しているでしょう(=お互いの約束があったでしょう)」という事実を浮かび上がらせることはできるからです。
参考記事:契約書はない!でもこのメールは使える?

口約束だけではキビシイ

それでも、証拠や根拠が口約束「だけ」となると、正直キビシイというのが現実でもあります。
もちろん、相手が「たしかにそう約束しました」と認めてくれれば、それ以上の証明は必要ないので大丈夫です。
けれど、相手が「いやそんな約束していません」と否定してきたら大変です。
(本人)「そんなはずはない。代金100万円払うといったじゃないか」
(相手)「そんなことは言ってませんよ」
(本人)「何言ってるんだ。あのとき君はそう言っていたよ」
(相手)「誰のことを言っているんですか?思い違いではないですか」
(本人)「冗談じゃないよ。君を信頼していたのに。正直者が馬鹿を見るのがこの世の中か」
(相手)「私に言われてもねぇ。。。」
まさに「言った・言わない」の水掛け論となってしまいます。

このときに「だったらこれを見てよ」と示せるもの、例えばメールや会話録音、互いのサインがある議事録などが残っていればいいのですが、示せるものが何もない、他に何の証拠もないとなると、これは厳しいです。

「いや、真実はひとつ。裁判官ならわかってくれる」と仰る方もいらっしゃいますが、裁判官はあくまで中立公正。「相手は違うといってますよ。どうしますか」とか「気持ちはわかりますけどね」で終わってしまいます。

あるいは「そこを何とかするのが弁護士でしょう」と期待されることもありますが、弁護士もスーパーマンではないので(古い?)、証拠という「武器」がなければ、戦えません。
どんなに有能な料理人でも、食材がなければ料理を作れないのと似ています。

取引実態や状況から証明する

なので、そういう場合は「言ったか言わなかったか」というところを主戦場にするのではなく、どういう取引実態があったのか、相手がその代金を払うべき状況だったのかを証明していく作業に注力することが大切になります。

たとえばこんなケース。
ご相談者Aさんは、建築施工会社です。
現場で使う資材に不具合があり追加費用が発生したのですが、これを誰が負担するかというトラブルでした。いったんは資材納入業者Bが「うちで負担します」と発言したのですが、その後に発言を否定。「そんなことは言ってません。当社に非はありません」と言い出しました。
交渉は裁判に発展しましたが、私は「言ったかどうか」を主戦場にはしませんでした。そういう発言が契約書や合意書、録音や議事録などに残っていなかったからです。
それよりも、そもそも何が原因でそういうトラブルが起きたのか、納入業者は現場でどういう役割や義務を負っていたのか、その取引実態や商慣習をリサーチして掘り起こすことに注力しました。
そうすることで、裁判所に「そういう経緯だったのであれば、Bが費用負担すべきでしょう」という心証を持ってもらうことに成功しました。
弁護士としては大変やりがいのある案件でしたが、同時に、契約書や合意書、覚書などにサインをもらっておけば早く済んだのに、という思いもありました。

こんなふうに口約束「だけ」ではどうしても心もとなく、契約書のない債権回収では「口約束はつらいよ」というお話でした(^^)

※ケースは実際の事案をもとに、再構成しています。

弁護士 波戸岡光太
その思い、前に進める法律家。
東京都港区赤坂3-9-18赤坂見附KITAYAMAビル3階
TEL 03-5570-5671 FAX 03-5570-5674

債権回収の道しるべ