弁護士とことば・その5「グタイテキにいうと?」

経営者「ある社員に困ってます。遅刻が多い、命令を守らない、勤務態度が悪いんです」
弁護士「具体的にいうと?」
経営者「遅れてばかりで、言っても聞かないし、やる気がないんです」
弁護士「具体的にいうと?」
経営者「いや、だから、とにかく困ってるんです…」

具体的に説明しているつもりなのに、弁護士はなぜまだ聞いてくるのか。

この言葉だけで相手と交渉を始めると、きっとこうなるでしょう。(①)
経営者「あなたは遅刻が多く、命令を守らず、勤務態度が悪いです」
従業員「遅刻は多くないです。命令は守ってます。私はまじめに勤務してます」
経営者「そんなことないでしょう」
従業員「そんなことあります」
経営者「…もぅ」

でも「具体的な事実」を指摘したら、きっとこうなるでしょう。(②)
経営者「当社は9時が始業時間ですが、今月、あなたが9時過ぎに出社した日は10回ありました。
A部長が金曜日までと指示した報告書を、あなたは翌月曜日に提出しました。
デスクであなたが眠っている姿を、今月5回、同僚が見ています。事実と違うところはありますか」
従業員「…ありません」

②は「事実」なので、事実が間違っていなければ相手は争えません(10回、翌月曜日、5回)。
①は「評価」なので、同じ事実でも見方によって何とでも言えます(多い少ない、守る守らない、良い悪い)。

相手と交渉するためには、相手が言い訳できない「事実」をぶつける必要があります。
それさえできれば、「評価」は言わなくても浮かび上がります。
だから弁護士は具体的な事実を聞きたがるのですね。

でも、いきなり「具体的に」と言われても、わかるようなわからないような感じです。
だから、弁護士は(私は!)、「どんなことがあったのですか」などと、自分が使う言葉を「具体的にかみ砕いで」使わなければなりませんね(^^)

弁護士 波戸岡光太
その思い、前に進める法律家。
東京都港区赤坂3-9-18赤坂見附KITAYAMAビル3階
TEL 03-5570-5671 FAX 03-5570-5674