トラブル解決の心得 -「人」より「こと」にフォーカスする-

債権回収

「これだけの大人が集まってるんだから、知恵を出し合いましょうよ」 私のこの言葉を受け、それまで机の向こうから私をにらみつけていた相手方弁護士が、視線をそらしました。 ここは裁判所の弁論準備室(会議室)です。机の向こうに相手方弁護士、お誕生日席に裁判官が座っています。 売買代金を払え、いや払わないという債権回収のトラブルが高じて、訴訟にまで発展してしまいました。 お互いに自分の言い分や証拠を...

続きを読む

「弁護士×ビジネスコーチ」という価値提供

弁護士の仕事

弁護士としてクライアントに接するとき、 「法律ではこうなっています」とアドバイスします。 これは専門家として当然のスキルです。 でも、大切なのはそのあとです。 「だからこうしなさい」では押しつけがましい。 かといって「あとはご自身で考えてください」ではすごくさみしい。 そうではなくて、 「一緒に考えましょう」 「今、一番に優先したいことは何ですか」 「そもそも、何を目的としていたのでしたっ...

続きを読む

個人事業主こそ弁護士を顧問につける理由

弁護士の仕事

個人事業主の方は、自ら事業を営み、自ら仕事を開拓し、自ら自分を率いる経営者です。 コンサル、デザイナー、IT、建築請負…どの方も、自分のやりたいことを仕事にし、本業で高いパフォーマンスを発揮し、お客様に喜ばれる仕事をなさっています。 やりたいことを仕事の域まで高めることは、たやすく実現できることではなく、自らが決めた道を切り拓いていく行動力に、いつも私は敬服しています。 と同時に、個人事業主の...

続きを読む

交渉学プラクティショナー

法律家コラム

交渉術ではなく、交渉学を身に着け、実践する。 交渉学協会は、交渉学のアカデミックな研究成果を実践で役立てることを目的として活動しています。 私もその理念と内容に共感して学んでおり、このたび認定資格を頂きました。 ご関心のある方は、ぜひ見てみてください。 勉強になるし、なにより実務で役立ちます(^^) 交渉学協会のHP 交渉…自分にとって最も望ましい合意を得るための対話。 交渉というと、勝ち負けとか...

続きを読む

前に進める法律相談 -傾聴-

法律相談

「話をちゃんと聞いてくれてよかったです」 法律相談を終えた相談者に、こんなことを仰って頂きました。 相談してよかったと思ってもらえることは、私にとって喜びです。 その人の人生を一歩でも前に進めることは法律相談の役目です。 では、その役目を果たすために、法律相談はどうあるべきか。 相談者の話を聞くこと、その人の思いを汲み取ること、その人が自分の考えを言葉にするプロセスを大切にすること、その...

続きを読む

終わらない不動産相続問題(マネラボコラム)

法律家コラム

「…いつまでやるんですか…」 裁判官も思わずつぶやいた、終わらない不動産相続問題。 「公平」に分けることがなぜこんなに難しいのでしょう。 解決の糸口はどこに。 ファイナンシャルアカデミー・マネラボさんでの月1連載コラム 『波戸岡弁護士の“お金のトラブル”解決録』です。 終わらない不動産相続問題

続きを読む

前に進める法律相談 -可能性に満ちた場-

法律相談

「頭が整理できてすっきりしました」 法律相談が終わったとき、相談者が、ほっとした顔でこう仰ってくれることがあります。 その言葉を聞くと、私もほっとします。 すっきりした相談者は、自分の力で歩けるようになったので、もう私のところには来ないかもしれません。 あるいは、今後状況が変わったときに、真っ先に私に連絡をくれるかもしれません。 どちらにしても、相談を終えた相談者は、人生を一歩「前に進める」...

続きを読む

建設業界の債権回収問題

債権回収

「先生もがんばってくださいよ。こちらも彼らを待たせられないんだ」 電話口の言葉からは、イラつきと応援とが入り混じる、Cの複雑な感情が伝わってきました。 建設業界は、発注者→元請業者A→下請業者B→孫請業者C→D→…とつながる形をとることが多いため、例えばAがBに代金を払わなかったりすると、水道の元栓が詰まったように、その先のCやDにも代金が入ってこないことが起きたりします。 この時の私の依頼者は下請業者B...

続きを読む

定期的ミーティング実施中!(顧問契約)

弁護士の仕事

顧問契約を頂いている会社様にもっとお役立ちをしたいという思いから、1か月~数か月ごとに個別ミーティングを実施しています。 「何かあったらご相談ください」という従来の弁護士サービスは、弁護士として受け身ですし、相談する方も遠慮がち億劫(おっくう)になりがちです。 そうではなく、もっと私の方から役に立つことを提供しよう、そのためには「場づくり」から始めようと考え、相談事の有無にかかわらずミーテ...

続きを読む

債権回収-最短翌日発送。法律家が作る内容証明-

債権回収

最短翌日発送。法律家が作る内容証明 お急ぎのあなたのために、最短翌日に発送いたします。(費用):5万円〜)取引先が約束どおりに代金を支払わない-。
債権回収が問題になるとき、「内容証明郵便」が頭に思い浮かぶ方は多いと思います。
「相手が払わないなら、内容証明を打っておこう」とは時々聞くセリフですが、そもそも内容証明郵便って何なのでしょう? 債権回収でトラブルになったとき、どんな効果があるのでしょう?

続きを読む